ケーススタディ:Stora Enso Fors

「実際には当社の現行計画システムを置き換えるつもりはなかったが、継続的なERPプロジェクトで新たな要求が課された。考え方としては世界中の営業所が顧客と電話中に“顧客の一日”で対応すること。自信を持ってこれを行うためには、生産サイクル、使用可能容量、すでに予約された注文をチェックし、特定の註文を満たすためにどの作業プロセスが必要かを判断できるシステムが必要だった。当社の既存のシステムでは不可能だった」とForsの計画部門担当のAnnika Bertilsson氏は言います。[...]

ケーススタディ: KODAK

1999年4月5日の週にKodakの世界規模ERPの重要機能がニューヨーク州ロチェスターで本番稼働 しました。このプロジェクトは社内でS2と呼ばれ(80人超がピーク時に参加)、製造スケジューリング・実行を直接扱う最初のプロジェクトでした。システムが導入されたKodak Parkビル9は世界最大のカラーペーパー施設で、同社で行われたもっとも複雑な製造の一部を含み、製品はロールとシートの両方の形態で出荷されています。[...]

ケーススタディ: DURANGO PAPER COMPANY

Durango-Georgia製紙会社Durango-Georgia製紙会社、セントメアリーズ、ジョージア州でIt-Trim最適化を最大限に活用することにより、410,000 tpyの塗装漂白剤ボード、未塗工のフリーシート、およびクラフトグレードを生産する能力があります。 生産性の向上、効率の向上、顧客の変化するニーズへの迅速な対応、収益性の向上を目指す努力は絶え間ない戦いです[...]

ケーススタディ : DON & LOW

Don & Lowのシステムの多くは2000年問題に準拠しておらず、すべてのビジネスシステムを置き換えることに決めました。S-Planはミレニアム プロジェクトの前に、最適なスケジューリング パッケージとして特定されており、選ばれたERPサプライヤとの戦略的パートナーであったという事実が、早期の決断の後押しとなりました。 [...]

ケーススタディ:BPXフィルム

Bryceはスナック包装および関連用途の軽量フィルムの大手加工メーカーです。米国では下記の3つの市場に対応するように取り組んでいます: • スナック食品包装 • キャンディおよび高性能包装 • ドキュメント保護 Bryce の100%子会社であるBPX Filmsはテキサスのヒューストンに位置しています。 このプロジェクトの主な目標は、トリムパターンを取得することで工場が生産するプラスチックフィルム マスターロールの歩留りを改善して「エッジの無駄」を減少させることが中心でした。[...]

ケーススタディ:ロールストックオプティマイザ

コンバージョンプラントが33%で在庫を削減し、14%で処理廃棄物を削減する方法競争力を高め、コストを削減し、効率を改善し、廃棄物を削減し、在庫を削減し、サービスを維持または向上させるというプレッシャーは、今日の市場。 時にはこれらの相反する目的は、[...]