鉄鋼需要は、先進国と発展途上国の両方に同時に影響を及ぼす幅広く有利な世界経済の勢いから利益を得ています。

図表 世界鋼協会 1.8では2018%、0.7では2019%の成長を示唆しています。 世界の金属製造市場は、4000の約$ 2020億に達すると予測されています。 世界市場を動かす要因には、世界人口の増加、インフラの増加、急速な工業化などがあります。

64諸国の世界粗鋼生産の最新情報 世界鋼協会 (worldsteel)は7月154.6の2018万トン(Mt)で、7月5.8に比べて2017%増加しました。 7月64の2018諸国の粗鋼設備利用率は77.5%であった。 これは、7月の3.8よりも高い2017のパーセンテージポイントです。 June 2018と比較して、1.4のパーセンテージ・ポイントは低くなります。

先進国の景気回復と、ロシア、中国、ブラジル、インドなどの新興国市場や発展途上国市場の成長が加速することにより、市場は安定すると見込まれています。 企業は、コストと環境への影響を減らし、品質を向上させるために既存のプロセスを最適化し、競争力を向上させることに焦点を当てています。

Greyconができること

金属業界のディメンショナル要件はチャレンジが必要ですが、当社がロール・平板業界の世界的リーダーに確立したソリューションは特に金属業界で成功しました。

Greycon社は生産・計画工程の複数の段階で最適化を実施してコスト削減、迅速な投資対効果、より良い意思決定を実現します。


Greycon金属のケーススタディ


Greycon社のソリューション

opt-Studio

opt-Studioをご使用になるとスループットの増加、在庫レベルの削減、人員の稼働率の改善、オーバーランの最小化に役立ちます。また、納品までのリードタイムが短縮でき、 顧客関係を強化し、注文の優先、納期を厳守することができます。

  • ミルの生産サイクルを作成しシステムが自動的に上流(スリット)および下流(断裁、折り畳み、塗装等)のスケジュールを調整
  • 彼らが到着するように自動的に使用可能・ツー・プロミス/可能ツープロミス(ATP / CTP)を用いて、サイクルに命令を割り当てます。
  • 同様の機器にタスクをダイナミックに分散してセットアップを軽減して負荷を分散。
  • 一部定義済製品や注文時のの属性を使ってシンプルでもパワフルなモデルを構築

X-Trim

X-Trimの世界トップレベルの最適化機能は現在(2012年12月時点)世界中で16の金属加工工場で使用されています。

次のような多様なエンドユーザーで応用されています:

  • ベアリング生産のリング
  • 自動車産業のパネル
  • 土木建築の板
  • パイプ
  • コイル(用途多様)

機能性

金属切断の具体的な機能は下記の通り:

幅の公差

特に断面が四角のチューブの生産の場合、同様のアイテム(チューブ)を製品定義の仕様を変更せずに決まった幅の範囲で金属ストリップから製造することができます。X-Trimはこれを利用して在庫ロールの使用を最小限に抑えます。

原材料の幅を最適化

X-Trimの主要機能ではありませんが、平均的な注文に基づいて企業にとって最善の幅を計算して購入(または在庫保存)を手助けします。金属関係会社の多くは注文の平均幅が日々変動しても、めったに実施していません。 X-Trimでは 瞬時にき実施できます。

グラフィック表示のスクロール

スクロール可能かつズーム可能なコイルごとのグラフ表示は、長さと幅の損失を表示できます。

コイル在庫の棚卸

X-Trimでは次のような多くの異なる面を考慮して入力したコイルの消費の可能性を評価します:

  • 寿命
  • 品質
  • 幅および長さの無駄

システムでは可能なソリューションのオプションとして在庫戻しも評価します。

xtrim_metal_stock_penalty

生産ルート

X-Trimのバージョンはすべて注文がコイル在庫、半製品在庫、完成品在庫(どの組み合わせも可)で構成されます。例えば、シートの注文は次のようになります:

最適化をしてルートミックス(各オプションの適切なコスト要因とともに)を選択するか手動でも在庫を事前に割り当てることができます。


Greycon社の金属業界のお客様

軸管と管

GGBベアリング

プロラムサ

Regiopytsa

Usiminas

バローレック