ケーススタディ:Stora Enso Fors

「実際には当社の現行計画システムを置き換えるつもりはなかったが、継続的なERPプロジェクトで新たな要求が課された。考え方としては世界中の営業所が顧客と電話中に“顧客の一日”で対応すること。自信を持ってこれを行うためには、生産サイクル、使用可能容量、すでに予約された注文をチェックし、特定の註文を満たすためにどの作業プロセスが必要かを判断できるシステムが必要だった。当社の既存のシステムでは不可能だった」とForsの計画部門担当のAnnika Bertilsson氏は言います。

候補としたサプライヤーを詳細に評価した結果、Greyconが選ばれました。「Greyconは当社が話したこを理解し、製紙や計画、デッキ処理に関するプロセスについて 深い知識 をもっていることに直ぐに気付いた。 ソフトウェア直観的でわかりやすく 、計画担当者にとっても使いやすいように見えた。完全にPCペースのソリューションであることも 比較的安価 であると分かり、決断しやすかった」とForsの計画担当者のCurt Olsson氏は述べています。

「当社は現在、有限計画システムS-Plan® の第一段階を本番稼働し、数か月間トリム最適化システムDeckleBenchを使用してきたが、非常にポジティブな経験をしている。まず、 Greyconとは作業しやすい。彼らは当社のニーズに丁寧に対応した。彼らは製紙に関する深い知識を持っているため、コミュニケーションがしやすかった。通常、この種のプロジェクトには、問題に遭遇しやすいため、私が関与することになっている。コンピュータ プロジェクトは予算よりもはるかに多くの費用と時間とリソースを消費する傾向がある。今回、私は陽気で熱心なプロジェクトグループに出会った。当初の予定より時間はかかったがコストは予算ないにおさまった」とStora Forsのマネージングディレクタ Carl-Eric Backstrom氏は述べています。

「当社はまだS-Plan®のすべてのモジュールを実行しているわけではない」とAnnika氏、「しかしながら、より多くの機能を導入すれば、より速く正確に営業所やお客様に対応できると期待いしている」と述べています。

"    「DeckleBenchは非常に使いやすく最適なソリューションを簡単に見つけることができるため、稼働率が向上しコストも削減した。当社の旧システムは良かったが改善は期待していなかった。 巻取機の担当者も刃物変更が減少したことに気付いた。システムは直観的なので学習しやすい。巻取機で以前作業したことのある我々の部署の新人が、PCの作業経験がないにもかかわらず、3週間後には独り立ちして全く許容範囲のソリューションを作成している。今では屋久300トンの稼働で100キロ未満の廃棄物で抑えられていることが多い」とCurt Olsson氏は言います。  。 それは直感的であるため、システムは、学ぶことは簡単です。 以前のワインダーに取り組んで私たちの部署の新しい男は、すでに3週間後、独立して動作し、彼はパソコンでの作業中に経験がなかったにもかかわらず、完全に許容可能なソリューションを作ることができます。 今、私たちはしばしば持っています  「カートオルソン氏は述べています。

「インターネット ソリューションベースのWWW-Ord-S のように、当社が実装を検討しているGreyconの他の機能は将来的にお客様に更に優れた速いサービスを提供できることが期待できる。これは非常に重要で、すべてのカテゴリにおいて最高の板紙サプライヤーになるよう常に努力し続ける 」とAnnika Bertilsson氏はまとめています。