なぜGreyconなのか?

より多くの製紙工場やプラスチックフィルム工場では、Greyconソフトウェアを使用して計画、スケジューリング、予測、製造実行システム(MES)を他のどの製品よりも使用しています。

Greyconはお客様と協力し、この種のシステムのみを提供して本業で成長してきました。

当社は財務的に保守的で健全です。当社の取締役および社員は自己株式の90%以上を保有しており、当社に非常に大きな関心を持っています。当社の成長は借入なしで達成しており、堅固な内部統制と監査手続きを実践しています。

当社は年に1~2回のリリースサイクルでサポートされる継続的な改善プロセスを提供しています。当社の研究開発費は売上高の約25%です。当社はソフトウェア品質を非常に重視し、テストスイートを当社の重要な知的財産の1つと考えています。

当社はオープン性を信じて、競合他社よりも既存のお客様や将来のお客様に対して、一貫してより多くの情報を公表し、共有しています。

当社は真に多文化であり、個性と創造性を才能のある人が表現できる多様性を育んでいます。

また、当社は製品ポートフォリオに柔軟に対応できるという真の誇りを持ち、個々のニーズに対応するためにコスト効率の高い方法で開発し、そういった機能強化を常にジェネリック製品に反映しています。

Intel、Microsoft 、SAP等、業界のリーダー企業の一部と提携し、その成果を評価する貴重な貢献者として認められています。


Greyconグループの企業は英国に登録されているGreycon Limited (登録番号1861647、VAT 登録番号 422 3242 00)が所有しています。

Greyconは、中国、日本、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、英国、ウルグアイ、そして米国に進出し、世界中で活動しています。 見る 接触.

Greyconは、ロンドン大学の帝国大学産業システムグループの1985に由来しています。 同社の3人の創業者、Alex Dimitriadis、Greyham Bryant教授、Constantine Goulimis博士は、製紙業界向けの革新的なソフトウェアを開発し、高度な数学的な製造技術の応用を専門とする会社を設立しました。

沿革:

  • 1985
    - 会社設立
  • 1997
    - 製紙業界でGreyconによるスケジュール化が年間600万トン突破
  • 1999
    - 北米事業開始
  • 2002
    - AP社およびMetso社との戦略的アライアンス
  • 2003
    - X-Trim 2.0
    - ReTrim 導入
    - SAP APOへの APSコネクタ
  • 2005
    - Asia, APP & Moorimプロジェクト
    - 中南米Greycon設立
    - SAP認証
  • 2006
    - SIAM Kraftプロジェクト
  • 2008
    - MESソリューションを開始
  • 2009
    - 中国オフィス開設
    - マルチコア 並列処理
  • 2010
    - opt-Studio® 発売
  • 2012
    - ギリシャGreycon設立
    - 製鉄業界のUsiminasプロジェクト
  • 2013
    - ロシアのBiaxplen、フランスのBlue Paper、トルコの Kipaş、スウェーデンのFiskeby等、一連の重要プロジェクトに参加
  • 2014
    - Greyconの導入が500拠点到達
    -南米(Prolamsa) および北米(AJ Oster) の金属プロジェクト
    - プラスチックフィルム業界で世界の顧客数が50 社に到達
  • 2015
    - 製紙業界で年間2億トンの最適化達成
    - 10番目のインドのプロジェクトが本稼働 th インドプロジェクトのライブ
    - 2番目のロシアのプロジェクト(llim)
    - Greycon suite versions 8.4 / 8.5 / 8.6 をリリース